2011年6月アーカイブ

臨時整備(タイロッドエンド交換、ブレーキフルード交換)

セーフティチェック時のアドバイスシートなどに基づき気になる箇所を全て整備。

点検整備の概要

油脂類で残っていたブレーキフルード(ブレーキオイル)とタイロッドエンドの交換作業。

実施年月日

平成23年6月3日

実施時走行距離

81,781km

実施店名

神奈川スバル

交換部品

・F左右タイロッドエンド
・ブレーキフルード

タグ

2011年6月16日

legacy (15:41)

カテゴリ:整備点検履歴

臨時整備(タイヤ交換)

セーフティチェック時のアドバイスシートを参考にタイヤ交換。

点検整備の概要

残り溝も僅かだったので、タイヤ4本を新品に交換。

実施年月日

平成23年5月24日

実施時走行距離

81,669km

実施店名

スーパーオートバックス

交換部品

・タイヤ(クムホKH-17)215/45/R17×4本
・エアバルブ×4本
・窒素ガス

タグ

legacy (15:39)

カテゴリ:整備点検履歴

臨時整備(タイヤのガタなど気になる箇所)

セーフティチェック時のアドバイスシートなどに基づき気になる箇所を全て整備。

点検整備の概要

エンジンオイル、ATF、デフ等の油脂類の交換やサスペンション異音、タイヤガタ修理、各種ブーツ類、エンジンオイル漏れ修理(スチーム洗浄含む)、ATFクーラーホースなど劣化ゴムホースの交換作業を実施。

実施年月日

平成23年5月16日

実施時走行距離

81,468km(分解整備記録簿記載)
※81,528km位

実施店名

神奈川スバル

交換部品

・エンジンオイル/エンジンオイルフィルター
・ATF
・F・Rデフオイル
・R右ショックアブソーバ
・左ロッカーカバーG/K
・ラジエターアッパーホース右
・冷却水
・ATFクーラーホース4本
・左右タイロッドASSY
・左右ラックブーツ

タグ

2011年6月13日

legacy (22:49)

カテゴリ:整備点検履歴

臨時整備(メーター内パワーランプ不灯)

メーター内ランプ不灯の原因特定を兼ねてスバル・ディーラー推薦の点検を実施。

点検整備の概要

コンビネーションメーター内のPOWERランプが点灯しない為、バルブの脱着・交換作業。

実施年月日

平成23年4月25日

実施時走行距離

81,468km(納品請求書記載)
※81,498km位

実施店名

神奈川スバル

交換部品

・コンビメーターバルブ(POWER、ライティング)

タグ

legacy (22:20)

カテゴリ:整備点検履歴

セーフティチェック

メーター内ランプ不灯の原因特定を兼ねてスバル・ディーラー推薦の点検を実施。

点検整備の概要

法定点検から6か月目、または季節の変わり目やロングドライブにお出かけの方にとくにおすすめのメニュー。 エンジンの調子、ブレーキの効き具合、バッテリなどをプロの目でチェックします。

ドライバーの責任で行うことが法律で義務付けられている日常点検も、神奈川スバルにおまかせいただければ安心です。15項目の日常点検を行い、診断後に各点検項目について最適なメンテナンスプランをお客さまにご提案します。
セーフティーチェック/セーフティーチェック・プラス | 神奈川スバル株式会社

実施年月日

平成23年4月22日

実施時走行距離

81,468km

実施店名

神奈川スバル

交換部品

・なし

タグ

legacy (22:17)

カテゴリ:整備点検履歴

ヒューズ交換(ヒューズボックス位置)エンジンルーム

レガシィツーリングワゴンGT30(BHE)のヒューズボックスは、エンジンルームとインパネロアカバーのコイントレイの奥にある。

エンジンルーム内

レガシィを正面から見た場合、バッテリの右上にエンジンルーム内のヒューズボックスがある。

ヒューズボックス位置(エンジンルーム)

ヒューズボックスのカバーを開けると...

ヒューズボックス内(エンジンルーム)

ヒューズボックスの蓋裏には、予備のスペアヒューズ(10A、15A、20A、30A)が格1個とヒューズプーラーが備わる。また代表的な接続回路が表示される。

ヒューズ配置(エンジンルーム)

ヒューズ交換時の注意

  1. 必ずエンジンスイッチをLOCK位置にする。
  2. 指定容量のヒューズうぃ使う。
  3. 針金や銀紙などは絶対に使わない。
  4. 交換しても直ぐに切れてしまう場合は、切れた原因を調べる。
    ※スペアヒューズを取り付ける前に切れた原因を調べるのが理想。

タグ

2011年6月 8日

legacy (22:54)

カテゴリ:取扱説明書

ヒューズ交換(ヒューズボックス位置)室内

レガシィツーリングワゴンGT30(BHE)のヒューズボックスは、インパネロアカバーのコイントレイの奥とエンジンルーム内にある。

室内にあるヒューズボックスで使用されているのは、自動車(EV等を除く)のヒューズBOXでよく使用されているヒューズ(ブレードヒューズ)3種(オートヒューズ、ミニヒューズ、低背ヒューズ)の中のミニヒューズである。

室内

インパネロアカバーのコイントレイを手前に引き出し取り外すとその奥にヒューズボックスが現れる。

ヒューズボックス位置(室内)

代表的な接続回路がコイントレイ裏側に記載されている。

代表的な接続回路(室内ヒューズボックス)

※ヒューズプーラーは、エンジンルーム内のヒューズボックスフタ裏にあり。

ヒューズ交換時の注意

  1. 必ずエンジンスイッチをLOCK位置にする。
  2. 指定容量のヒューズうぃ使う。
  3. 針金や銀紙などは絶対に使わない。
  4. 交換しても直ぐに切れてしまう場合は、切れた原因を調べる。
    ※スペアヒューズを取り付ける前に切れた原因を調べるのが理想。

タグ

legacy (22:52)

カテゴリ:取扱説明書

カーゴソケット(リヤ・シガーソケット)

レガシィツーリングワゴンGT30(BHE)には、ラゲッジルーム(カーゴルーム)左側のカバー内にカーゴソケット(リヤ・シガーソケット)があり、エンジンスイッチがACCまたはONのときに12V直流電源が取り出せる。

カーゴソケット(リヤ・シガーソケット)位置1

ジャッキが収納されている左側のカバーを開けると...

カーゴソケット(リヤ・シガーソケット)位置2

さらにカバーが...

カーゴソケット(リヤ・シガーソケット)位置3

カーゴソケット(リヤ・シガーソケット)が現れます。

カーゴソケット(リヤ・シガーソケット)使用上の注意

自動車用電気製品(カー用品など)は、必ず12V120W以下のものを使用!

またタコ足配線はしないこと。場合によっては発火することもあり。

とレガシィ取扱説明書に記載されている。

複数のカー用品を同時に接続(使用)

容量を超えなければ特に問題ないかと。

ただし、あくまで自己責任において!

単純に計算すると120W÷12V=10A

同様に前側のシガーソケットも120W÷12V=10A

そしてミラーとシガーライター用に20Aのヒューズが設定されている。

なので、使用する機器(カー用品等)の消費電力が合計して120Wよりも低くおさえればヒューズが切れる可能性も低くなる。

ただしオプションの本革シートについているシートヒーターなど同ヒューズに接続されている電装品の使用状況などによってはヒューズが飛ぶ可能性は否定できない。

※前後シガーソケットが同系統と仮定した場合。

タグ

legacy (22:12)

カテゴリ:取扱説明書

サスペンション(ストラット)交換費用

ストラット前後4本(1台分)を交換した場合の費用を紹介。

※ストラット=ショックアブソーバ+コイルスプリング(バネ)
※サスペンション代は別途
※アッパーマウントは純正品を使用

ストラット

見積もり額(スバルディーラー)

作業内容/交換部品 数量 工賃(技術料) 部品代
ストラット脱着・交換(左右)フロント 1.0 24,000  
ストラット脱着・交換(左右)リヤ 1.0 11,200  
ストラットマウントフロント 2.0   10,220
ストラットマウントリヤ 2.0   5,240
ラバーシート 2.0   1,720
セルフロックナット 4.0   400
セルフロックナット 4.0   320
セルフロックナット 6.0   360
セルフロックナット 6.0   1,320
小計(税別)   35,200 19,580
合計(税込)   ¥57,519

あとは交換するストラット(ショックアブソーバーやスプリング)部品代が別途必要になる。

4輪アライメント測定・調整を加える場合、+18,900円

追記

別の営業所にて見積もりしたところ…
ストラット脱着・交換(左右)フロントの交換工賃は、16,000円だった。
またアライメント調整は、2万円とのことであった。

タグ

2011年6月 6日

legacy (20:51)

カテゴリ:メンテナンス(整備)費用

暗証コード式キーレスエントリー

レガシィツーリングワゴンGT30には、暗証コード式キーレスエントリーという機能が付いている。

暗証コード式キーレスエントリーは、ドアが施錠されている時に運転席のアウターハンドルをフック(ドアハンドルを引いて離す操作)する回数を予め登録しておくと、運転席のアウターハンドルをフック動作だけでドアの解錠ができるようになる。

万が一、キーを室内に置いたまま施錠してしまったときやキーを紛失してしまった時でもJAF等のロードサービスを呼ばなくても対処できる。

運転席ドアハンドル

暗証番号の登録

詳しくはLEGACY取扱説明書などにて確認!

特に難しい点はないが、個人的に理解しにくかったポイントとしては、最後の暗証番号を登録した後の説明。

「ブザーが断続的に鳴ったら30秒以内に同じ操作を繰り返す」という部分。

暗証番号登録動作を再度行うということ!

イメージとしては、パスワードの入力をもう一回行う感じ。

確認の意味でもう一度同じ暗証番号をフックです。

そうすると最後にブザーが鳴って登録完了!!

タグ

legacy (20:46)

カテゴリ:取扱説明書

シート

レガシィツーリングワゴンGT30のシートについて紹介。

フロントシート

運転席、助手席ともにランバーサポート部やヘッドレストに本革を使用し座面及び背もたれ部にトゥィッグファブリックを使用したハーフレザーシートを採用(シート背面にはシートバックポケット付き)。

また運転席シートには、電源スイッチでスライド・チルト・リフトの機能を備えた6WAYパワースライド&チルト・リフターシート装備。

シートベルトは、シートベルトプリテンショナーとロードリミッター機能が付く。

フロントシート

タグ

2011年6月 5日

legacy (13:40)

カテゴリ:解説

パワーシート

レガシィツーリングワゴンGT30の運転席に装備されているパワーシート。操作スイッチを前後方向などに動かすことにより電動でシート位置を調整できる。

パワーシート

標準の本革+ファブリック(ハーフレザー)シートの場合、前後の調整(スライド調整)と座面の高さ調整、座面前側と座面後ろ側の高さ調整となり、背当て角度の調整(リクライニング調整)は、手動(マニュアル)調整となる。

リクライニング調整については、グレード別装備となり、おそらくオプションのフル本革シートに装備される。

 

タグ

2011年6月 4日

legacy (23:54)

カテゴリ:取扱説明書

ブレーキフルード交換費用

ユーザー車検で2年点検を自ら行う時や中古車でレガシィを購入して、以前の交換時期が不明な時などで、ブレーキフルード(ブレーキオイル)の交換をしておこうと思ったときのブレーキ―フルード交換費用を紹介。

ブレーキフルード

サービスデータ

ブレーキフルード
交換時期 初回3年、以降2年ごと
使用オイル スバル純正ブレーキフルード(DOT3)

見積もり額(スバルディーラー)

作業内容/交換部品 数量 工賃(技術料) 部品代
ブレーキオイル交換 1.0 9,600  
ブレーキフルード 1.0   1,100
小計(税別)   9,600 1,100
合計(税込)   ¥11,235

ブレーキフルード単独での交換だと思いのほかメンテナンス費用はかかります。

車検とセットで行えば、車検の基本料金にこの作業は含まれます。

※車検のプラン等にもよる。

コストを抑えるならカー用品店なども選択肢に。

参考:オートバックス・ドットコムより
└ \4,200(フルード代込み)~

タグ

legacy (23:16)

カテゴリ:メンテナンス(整備)費用

このページの先頭へ

イメージ画像