車検の概要

レガシィを新車で購入したならば、初回は3年後に車検がやってくる!

以降は2年に1回というペースで車検を受けることになる。

中古車でレガシィを購入したならば、2年以内に車検が訪れ、以降2年に1回というタイミングで車検となる。

車検とは?

ここでいう車検とは、自動車(レガシィ)が国が定める安全と環境の基準に適合しているかどうかを一定期間(上記参照)ごとにチェックする自動車の検査です。

その自動車の検査の中でも「継続検査」を一般的には車検と認識されています。
※通称:車検

継続検査は、自動車検査証(車検証)の有効期間満了後も引き続き自動車を使用するときに受ける検査です。

この有効期間満了する日が、車検が切れる日ということになります。

車検(継続検査)の受け方

大きく分類すると以下の4パターン!

ユーザー車検

ユーザー自らが全国各地にある運輸支局等に自動車を直接持ち込み、自動車検査法人の検査場に設置してあるテスター(ライン)で検査を受ける方法。

自動車の点検整備は、ユーザー自身の責任で行う。

点検整備事態は、検査の前でも後でもOK.

ユーザー車検代行

ユーザー車検をユーザー車検代行業者に任せる方法。

自動車の点検整備は、ユーザー車検同様! ユーザー自身の責任で行う。

点検整備事態は、検査の前でも後でもOK.

認証整備工場

認証整備工場は、エンジンやブレーキなどの分解整備を事業として行うことができる国から認証を受けた整備工場のこと。

認証整備工場に車検を依頼した場合、ユーザー車検と同様に全国各地にある運輸支局等に自動車を直接持ち込で継続検査を受ける必要があるため短時間で車検を済ませるのは適しない。

土日祝日は検査自体が行われない。ユーザー車検も同様。

指定整備工場

指定整備工場は、民間車検場と置き換えて問題ない。

自動車の点検整備に加え、自動車検査法人の検査場と同等の検査機器を備えることと、有資格者(自動車検査員)を配置することで自らの工場にて国に代わって検査ができてしまう国から指定を受けた整備工場のこと。

指定整備工場で検査を受けた場合、保安基準適合証を発行することで、自動車検査法人の検査場へ現車を持ち込みする工程を省略することが出来る。

そのため土日祝日であっても車検を完了させることができるので、短時間で車検を行うことも可能である。

近年ではカー用品店などでも指定整備工場の指定を受けることで、最短1時間車検などといったスピード車検を行っているカー用品店などもある。

にほんブログ村 車ブログ スバルへ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年9月18日

legacy (23:43)

カテゴリ:車検

« 臨時整備(ストラット4本交換)4輪アライメント調整 | ホーム | AVIC-ZH09CS用ステアリング対応リモコン(CD-SR300)取り付け »

このページの先頭へ

イメージ画像