ライフウインク(LIFEWINK)取り付け

パナソニックのバッテリーに交換したついでに、ライフウインク(カーバッテリー寿命判定ユニット)を取り付けました。

といってもプラス端子とマイナス端子にライフウインクのU字端子(プラス、マイナス)を取り付けるだけです。

1.プラス側端子

端子保護カバーを、どのように回避するかです。

端子保護カバーに切れ目を入れて、前方側からライフウインクのU字端子を差し込んでもいいかと思いましたが、今回は既存の配線に沿わせる形で、12mmのナットを緩め、後方から挿入してみました。

2.マイナス側端子

↓下記画像参照

3.ライフウインク本体

プラス側端子の横側に、両面テープで固定。

※本体の周囲に1cm程度の空間がないと「カーバッテリーアナライザー」でデータを読み取ることが出来ないと取扱説明書にあります。

ライフウインク本体取り付け位置

取り付け後、一番右側の緑色LEDが点滅しはじめました。

取扱説明書によると、これでOK!

エンジン始動レベルは、最高のレベル5ともいえます。

新品バッテリーなので、この状態でなければ問題でしょう!?

にほんブログ村 車ブログ スバルへ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月 6日

legacy (22:30)

カテゴリ:DIY

« バッテリー交換 | ホーム | 雪道(2013.01.14) »

このページの先頭へ

イメージ画像