No.216改善対策(リコール)

動力伝達装置(自動変速機)のリコール。

点検整備の概要

平成14年12月10日、富士重工業株式会社より、国土交通省にレガシィ・フォレスター・インプレッサの改善対策を届け出た内容。

動力伝達装置において、自動変速機のパーキング機構のギヤをロックさせるロッドのスプリングの止め位置に不適切なものがあり、パーキングポジションへシフト操作してもパーキング機構が稀に作動しなくなり、最悪の場合、車両が動き出すおそれがある。なお、駐車ブレーキを併用していれば、車両が動き出すことはない。

改善措置の内容:全車両、良品のロッドと交換。

詳細はコチラ

実施年月日

平成15年5月10日

実施時走行距離

5,407km

実施店名

神奈川スバル

交換部品

・良品のロッドと交換

にほんブログ村 車ブログ スバルへ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年5月 1日

legacy (23:24)

カテゴリ:整備点検履歴

« 新車1か月無料点検 | ホーム | 車検(2年定期点検整備)1回目 »

このページの先頭へ

イメージ画像