暗証コード式キーレスエントリー

レガシィツーリングワゴンGT30には、暗証コード式キーレスエントリーという機能が付いている。

暗証コード式キーレスエントリーは、ドアが施錠されている時に運転席のアウターハンドルをフック(ドアハンドルを引いて離す操作)する回数を予め登録しておくと、運転席のアウターハンドルをフック動作だけでドアの解錠ができるようになる。

万が一、キーを室内に置いたまま施錠してしまったときやキーを紛失してしまった時でもJAF等のロードサービスを呼ばなくても対処できる。

運転席ドアハンドル

暗証番号の登録

詳しくはLEGACY取扱説明書などにて確認!

特に難しい点はないが、個人的に理解しにくかったポイントとしては、最後の暗証番号を登録した後の説明。

「ブザーが断続的に鳴ったら30秒以内に同じ操作を繰り返す」という部分。

暗証番号登録動作を再度行うということ!

イメージとしては、パスワードの入力をもう一回行う感じ。

確認の意味でもう一度同じ暗証番号をフックです。

そうすると最後にブザーが鳴って登録完了!!

にほんブログ村 車ブログ スバルへ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年6月 6日

legacy (20:46)

カテゴリ:取扱説明書

« シート | ホーム | サスペンション(ストラット)交換費用 »

このページの先頭へ

イメージ画像