ヒューズ交換(ヒューズボックス位置)室内

レガシィツーリングワゴンGT30(BHE)のヒューズボックスは、インパネロアカバーのコイントレイの奥とエンジンルーム内にある。

室内にあるヒューズボックスで使用されているのは、自動車(EV等を除く)のヒューズBOXでよく使用されているヒューズ(ブレードヒューズ)3種(オートヒューズ、ミニヒューズ、低背ヒューズ)の中のミニヒューズである。

室内

インパネロアカバーのコイントレイを手前に引き出し取り外すとその奥にヒューズボックスが現れる。

ヒューズボックス位置(室内)

代表的な接続回路がコイントレイ裏側に記載されている。

代表的な接続回路(室内ヒューズボックス)

※ヒューズプーラーは、エンジンルーム内のヒューズボックスフタ裏にあり。

ヒューズ交換時の注意

  1. 必ずエンジンスイッチをLOCK位置にする。
  2. 指定容量のヒューズうぃ使う。
  3. 針金や銀紙などは絶対に使わない。
  4. 交換しても直ぐに切れてしまう場合は、切れた原因を調べる。
    ※スペアヒューズを取り付ける前に切れた原因を調べるのが理想。
にほんブログ村 車ブログ スバルへ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年6月 8日

legacy (22:52)

カテゴリ:取扱説明書

« カーゴソケット(リヤ・シガーソケット) | ホーム | ヒューズ交換(ヒューズボックス位置)エンジンルーム »

このページの先頭へ

イメージ画像