ラゲッジルーム(トランクスペース)

レガシィツーリングワゴンGT30のラゲッジルームについて紹介。

ラゲッジルーム容量

カタログをチェックしてみたが、正確な容量の記載はなかった。

ツーリングワゴンGT30は、フラットで使いやすいカーゴルームが特徴。
タイヤハウスの張りだしも小さく、フラットでしかも低い床面を実現しています。
大型のスーツケース(77×55×26cm)4個を立てて収納でき、開口部は大きな荷物も出し入れしやすく段差もほとんど気になりません。
カタログより

ラゲッジルーム

5ナンバーサイズの荷室としては、見た目でも沢山荷物が入りそうな印象。

6:4分割式リアシート

リアシートを倒せば、さらに大容量のスペースに。

オーニングを持ち帰る

194cmのオーニング(ロール式スクリーン)を購入した時でも問題なし。

室内の状況

少し助手席を前にしたが、2m近い長物も積載できた。

収納ボックスなど

3段式の収納ボックスなどの運搬でも大人3名が乗車できるスペースを確保。

これでもまだまだ積めるスペースあり!

またキャビンへ荷物の突入を防ぐELR付カードネットも標準で装備されている。

さらにちょっとした小物などを収納できるサブトランクも荷室下に備える。

にほんブログ村 車ブログ スバルへ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月13日

legacy (15:03)

カテゴリ:解説

« 臨時整備(アルミホイール+タイヤ交換) | ホーム | 法定12ケ月点検(2012年) »

このページの先頭へ

イメージ画像