車両型式記号の説明(レガシィツーリングワゴンBH系)

コーションプレート(モデルプレート)の車両型式とアプライドモデルからわかること。

※以下、コーションプレート=モデルプレート
※一部レガシィセダンBE系の情報を含む

コーションプレート(モデルプレート)

モデルプレート例

車両型式記号は、LA-BHED5QE

LA B H E D 5 Q E
※1 ※2 ※3 ※4 ※5 ※6 ※7 ※8

※1=排ガス規制区分

GF=平成10年度排出ガス規制適合車

GH=平成12年度排出ガス規制適合車

TA=平成12年基準排出ガス25%低減レベル認定車

LA=平成12年基準排出ガス50%低減レベル認定車

この排ガス規制区分に関しては、レガシィに限らず自動車全般にあてはまる。

※2=車種区分

B=レガシィ(レガシィシリーズ)

※3=ボディ区分

E=セダン
H=ツーリングワゴン

※4=排気量・駆動・懸架区分

5=2.0L/4WD
9=2.5L/4WD
C=2.5L/4WD/エアサスペンション
E=3.0L/4WD

※5=年改区分

A=初期モデル

以降B→C→D

〇型レガシィ等と表現されるときは、この年改区分のことを指している。

中古車でレガシィを購入する際は、年式と合わせてモデルプレートの年改区分も要チェック!

※6=ドア数

4=4ドア
5=5ドア

※7=グレード区分

3=TX
4=TX-S
5=Brighton
6=TS-R
7=RS
8=RSK
9=GT
A=250S
B=Lancaster
C=GT-B
E=250T-B
F=Brighton
G=TStypeR
H=Lancaster-S
J=RStypeR
K=Lancaster6
L=Lancaster6 ADA
M=RS25
Q=GT30

※8=変速機・燃料供給区分

D=DOHCターボ/センターデフ付/5MT
E=DOHC NA/4AT
F=DOHC NA/センターデフ付/5MT
J=SOHC NA/センターデフ付/5MT
P=DOHCターボ/4AT
R=SOHC NA/4AT
S=DOHC NA/SS-4AT
T=DOHCターボ/SS-4AT

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年3月28日

legacy (16:07)

カテゴリ:BH系

« コーションプレート(モデルプレート)から読み解くレガシィツーリングワゴンBH系 | ホーム

このページの先頭へ

イメージ画像